ブログ紹介

重要事項説明書をチェック
重要事項説明書は、法律により定められている資料のひとつです。これは施設の情報を自治体に開示するために提出が義務づけられていて、老人ホームではかならず作成されているものなので、かならずチェックしておきましょう。 重要事項説明書には、施設の情報のほか、提供されているサービス、料金などの情報が掲載されています。 もう少し詳しく説明すると、運営会社の所在地、名称などの「経営者情報」、施設の所在地や名称、開設日などの「施設の概要」、働いているスタッフや勤務体制などの「職員体制」、提携医療機関などの「サービス内容」、月額費用や一時金の内訳などの「料金」などについて記載されているので、これをチェックするだけで、かなりの部分で希望に合った施設なのかどうかを知ることが可能です。入居の際の優先条件としてリハビリを考えている場合、どんなリハビリが提供されているのかをかならず確認する必要がありますし、医療ケアを優先条件として考えている場合は、医療関連サービスとの連携について詳しく知る必要があります。運営母体の会社についても、その財務状況を調べると安心です。


有料老人ホームの種類
有料老人ホームには、3つの形があることはご紹介したとおりです。ここからは、それらの有料老人ホームについて、メリットとデメリットを中心に解説していきます。


介護付き有料老人ホーム
介護付き有料老人ホームは、自治体に認可されたうえで運営されている有料老人ホームで、特定施設入居者生活介護を提供しています。介護付き有料老人ホームは、「介護専用型」と「混合型」に細分され、前者は主に要介護度1以上の方を対象とした施設、後者は自立した生活が可能な方も対象とした施設です。 介護専用型には、自立が可能な方は入れないため、たとえば夫婦で入居を希望する場合にどちらかが自立可能な場合は、混合型を選択しなければならないということになります。 介護付き有料老人ホームでは、その名称からもわかるとおり介護サービスが提供されます。食事だけではなく、入浴や排泄介助も行われ、要介護度やそれぞれの入居者に合わせた介護サービスが提供されます。 そのほか、家事や買い物、役所の手続きなどの生活支援サービスが提供されるほか、少なくとも昼間は看護師が常駐するため、医療ケアを重視するのであれば、介護付き有料老人ホームが一番の選択肢になるでしょう。 介護付き有料老人ホームのメリットはいくつかありますが、まずは「料金」。介護付き有料老人ホームの料金は介護度により決まっているため、要介護度が一定である限りは費用はあまり変わりません。サービスを数多く使ったとしても、やはり要介護度に変わりがなければ費用に大きな変動はありません。 24時間をとおして介護サービスが受けられるのも介護付き有料老人ホームならではのメリットです。また、先述したように看護師がいるため、限定的な医療ケアも受けられます。 介護付き有料老人ホームのデメリットをあげるとすれば、ひとつは訪問サービスが受けられないこと、そしてもうひとつはサービスの利用頻度によっては費用が割高になることです。 介護付き有料老人ホームでは、その施設自体が介護サービスを提供するため、デイサービスなどの訪問サービスは利用できません。また、メリットでもご紹介したとおり、料金が定額制なので、サービスを利用しなくても一定額を払い続けなければなりません。


住宅型有料老人ホーム
住宅型有料老人ホームは、比較的軽度の要介護度の方に最適な施設です。施設により入居条件は異なりますが、自立した生活が可能な方から要介護度の重い方まで入居できる施設もあります。 ただ、住宅型有料老人ホームは、介護付き有料老人ホームとは異なり、介護サービスは基本、提供されません。この点が、介護付きと住宅型の大きな違いです。 住宅型有料老人ホームに入居して介護サービスの利用を希望する場合は、外部のサービスを利用することになります。ただ、これはメリットともいえます。すでにご説明したとおり、介護付き有料老人ホームではデイサービスなどの訪問サービスは利用できませんが、住宅型であれば利用可能です。中には介護サービスの提供業者が同じ敷地にあり、介護付きのように、スムーズに介護サービスが利用できる施設もあります。もちろん、ほかの介護サービスも利用可能なので、サービスを選んで利用できるという点では、住宅型はとても優れているといえます。 住宅型有料老人ホームの主なメリットは、まずこのように介護サービスを選べること。生活相談員と相談のうえ、利用したいサービスを選定するといいでしょう。 住宅型有料老人ホームは、比較的幅広い層の入居者に対応しているため、今後、要介護度が上がることがあっても、対応した用具をレンタルできるというメリットがあります。 住宅型有料老人ホームは、自立が可能な方や比較的軽度の要介護度の方が入居する施設なので、イベントやレクリエーションが充実しています。入居者にとっては大きな楽しみなので、これが一番のメリットといえるかもしれません。 デメリットをあげるとすれば、入居後でも要介護度が上がってしまうと、対応した施設に転居しなければならないことと、介護サービスを利用する場合は、注意してサービスを選択しないと介護保険の枠を超えてしまう可能性があることでしょう。枠を超えてしまった場合、超過分は自己負担になるので注意が必要です。


健康型有料老人ホーム
健康型有料老人ホームは、一言で言えば、元気な高齢者のための施設です。住宅型有料老人ホームでもレクリエーションや趣味の活動が活発に行われていますが、健康型有料老人ホームの場合は、自立した生活ができる方でないと入居できないため、よりアクティブに生活を楽しみたい高齢者に向いています。 健康型有料老人ホームは、「サービス付き高齢者向け住宅」と、サービス内容的によく似ています。しかし、健康型有料老人ホームはあくまで「有料老人ホーム」であり、サービス付き高齢者向け住宅は「住宅」です。サービス付き高齢者向け住宅は、介護の必要な方でも入居できるというメリットがあります。 健康型有料老人ホームのメリットとしてもっとも大きいものは、活動的に生活を送れることでしょう。高齢化社会には、元気な高齢者の方もたくさんいらっしゃいます。生活も基本的にはひとりでできる方でも、好きなことに没頭して暮らせるのです。健康型有料老人ホームには、温泉やプール、ジムなどが付属している施設もあるので、高齢者が健康を維持するのに最適だといえるでしょう。 もちろん高齢者ですから、元気だとはいえ、家族にとってはひとり暮らしが心配だという場合もあるでしょう。そんな場合でも健康型有料老人ホームなら、日常生活をサポートしてくれるほか、常に近くにスタッフがいるので、何かあったときの対応という面でひじょうに安心です。この点も健康型に入居する大きなメリットだといえるでしょう。 健康型有料老人ホームのデメリットをあげるとすれば、それは介護や医療面でしょう。自立が基本条件なので、医療ケアや介護が必要になると対応可能な施設に転居する必要があります。もちろん、医療機関と協力体制を敷いている施設もありますが、日常的な医療サービスが必要な場合は入居できないため、施設選びの際にかならず確認する必要があります。
1 / 1412345...10...最後 »