ブログ紹介

茨城の介護の求人や転職なら『ご長寿くらぶ』!

超高齢社会
超高齢社会に突入した今、介護職として働く人材需要は急速に高まっています。 介護職員の仕事内容は、高齢者や身体の不自由な方の身の回りの生活をサポートすることが中心です。介護関連の資格の有無によって業務の幅は異なりますが、食事や入浴、排泄などの介助を中心に、利用者様から依頼を受けて買い物や料理、通院時の付き添いなどを行う場合もあります。 介護サービスには、有料老人ホームのような入居型の施設もあれば、在宅介護を希望される利用者様のご自宅に直接伺い訪問介護をしたり、通所介護と呼ばれるデイサービスで介護サービスを提供したりと、それぞれ特徴が大きく異なります。 入居型の施設の場合、入居者様の身の回りのサポートが主になりますが、デイサービスの場合は食事や入浴の介助をはじめ、行事やレクリエーションを考え実施するなど、仕事の内容は働く施設によってさまざまです。 ここでは、介護職への転職を目指す方や茨城県内の求人を探している方向けに、『ご長寿くらぶ』が提供している施設について紹介します。「どういった施設が自分に合っているのか?」と迷われていたときに参考になりましたら幸いです。


▶サービス付き高齢者向け住宅・住宅型有料老人ホーム
ご長寿くらぶのサービス付き高齢者向け住宅・住宅型有料老人ホームは、ある程度の医療ニーズのある方も対応可能となっているため、介護度の低い方から、介護度が高く、寝たきりの方まで介護保険が利用可能な方ならどなたでもご入居いただけます。 ご長寿くらぶのサービス付き高齢者向け住宅・住宅型有料老人ホームは、住宅でありながら介護サービスを受けられる安心の住まいをご提供しています。 入居型施設の特徴は、入居される方はもちろん、ご家族の方にも安心して充実したサービスをご提案すること、入居や施設利用を安心の低価格でご用意しているということです。一般的な年金受給者の方が、普通に安心して生活できる住まいをご提供するために、近所付き合いのような自然な声掛けや、アットホームな雰囲気の施設となるように心がけています。 さらに、ご長寿くらぶならではの強みが「認知症の方の受け入れ」を積極的に行っているという点です。 認知症の症状の一つに、何回も同じことを話す、何回も同じ質問をするといった繰り返し行動がありますが、このような施設で働く介護職員は認知症に関する理解が深いため、そういったときには何回でも耳を傾け答え、利用者様との“会話を楽しむ”ということを重視しています。 専門家の指導を受けながら認知症に関する理解をさらに深めるとともに、認知症ケアの充実に努めているご長寿くらぶには、介護の資格を持っていない・介護の経験がなくても、認知症ケアに強い関心がある方が活躍できる環境が整っています。 ▶ターミナルケア対応型施設 誰でも入居しやすい価格で安心の終の住まいをご用意するために、ご長寿くらぶでは看取りを必要とする入居者様への対応として看取りチームを結成し、ターミナルケアを行っております。 看取りに対応した施設では、リーダーである施設長をはじめ、介護職員・在宅ドクター・訪問看護・ケアマネージャー・ご家族で話し合いを重ね、施設に入居しながらできること、そしてできないことを明確にして役割分担を決めています。 身体介助をはじめ、介護を受ける方やご家族の気持ちに寄り添うメンタル面でのケアが必要なターミナルケア対応型施設でのお仕事は、介護に関する専門的知識や技術を持つ介護のプロとして何ができるのか?ということを常に意識して、状況に応じて判断した上で柔軟な対応が求められます。 看取りを必要とするターミナルケアは簡単にできることではありませんが、ご長寿くらぶでは研修会を積極的に実施することで看取りに対応できる施設を今後も増やしていく予定です。


▶機能訓練型施設
ご長寿くらぶでは、毎日を元気にイキイキと過ごすために、サービス付き高齢者向け住宅・住宅型有料老人ホームに併設されたデイサービスにて、「生活リハビリ」と呼ばれる機能訓練を行っています。 生活リハビリは、看護師と介護士といっしょに、机や椅子、手すり・タオル・おはし・歯磨き・鉛筆などの身の回りにあるものを使って、着替えの練習や歯磨きの練習、排泄の練習、お箸を使う練習などを行います。 生活リハビリの目的は、一部の機能を元に戻すことが目的の専門的なリハビリではなく、普通の生活を一人でできるように現状の運動機能の低下を防ぎ、手足の機能を維持するためのリハビリです。 生活の質を向上させるために行う生活リハビリで大事なことは楽しみながら行うということです。大きな負荷をかける必要がないため、高齢者でも行うことができます。 お一人おひとりの体調や変化などに合わせて最適なリハビリ方法の指導を続ける生活リハビリの仕事は、利用者様と手を取り合い長期的な関係を築けることが大きな魅力です。 また、生活リハビリの効果により「以前より立ったり、座ったりする動作がうまくいくようになった」など、生活の質が向上した利用者様からの感謝の言葉に対して大きなやりがいを感じることができるので機能訓練型施設で働く上での大きなやりがいといえます。


▶訪問介護
ご長寿くらぶでは、高齢者の方が可能な限り自立した日常生活を送ることができるように、ホームヘルパーが各部屋に訪問して生活支援を行う「訪問介護サービス」を提供しています。 訪問介護サービスは、食事や排泄、入浴などの身体介護をはじめ、身の回りの生活サポートとして掃除や洗濯、買い物など生活支援を行います。 ご長寿くらぶのサービス付き高齢者向け住宅・住宅型有料老人ホームの特徴は、住宅の自由と介護の安心の両方を兼ね備えた住居空間を提供しているということです。誰からも干渉されることなく自由に生活したいけど、自宅での生活は難しいといった方向けに、定期的にホームヘルパーが各部屋を訪問してサポートをします。 訪問介護には、主に身体介護や生活支援、通院介助があります。身体介護に関しては、利用者様の身体に直接触れる介助が必要となるため、その場合は介護職員初任者研修以上の資格が必要になります。 資格を取得することで任せてもらえる仕事の幅が大きく広がるため、「1対1の介護がしたい」「一人ひとりに合わせた丁寧な対応がしたい」という方は、個別ケアができる訪問介護のお仕事に大きなやりがいを感じられるはずです。


介護の資格を取得するメリット
現在務めている施設からの転職、あるいは異業種から介護職への転職を考えている方は、将来的なキャリアアップのためにも、早いうちから「資格の取得」を検討されることをおすすめします。 ここでは、茨城で介護系のお仕事の求人をお探しの方や、介護職への転職を考えている方向けに、介護の資格を取得するメリットを紹介します。
1 / 1012345...10...最後 »