ブログ紹介

有料老人ホームについて

有料老人ホームについて
有料老人ホームにはいくつかのタイプがあり、それぞれ特徴が異なります。そのため入居を考える際には、入居者の健康状態や要介護度などを考えなければなりません。特に要介護度が重度の入居者にとっては、その施設が人生を終える場所になる可能性が高いので、悔いを残さないよう、慎重に選ぶ必要があります。この記事では有料老人ホームについて、選び方を中心に解説していきます。


老人ホームの選び方
老人ホームを選ぶ際に困ることのひとつとして、「まず何をすればいいのかわからない」という点があげられます。老人ホーム選びに正しい方法があるわけではないのですが、失敗の可能性を避けるために有効な方法はあるので、ステップ別に紹介していきます。


希望をまとめる
老人ホームを選びは、希望をまとめることから始まります。希望をできる限りかなえてくれる施設でないと、入居者も家族も悔しい思いをしてしまう可能性が高いので、この希望はしっかりとまとめてから施設を探すようにしましょう。 ただ、あれもこれも希望するのではなかなか施設は見つかりません。そのため、希望には優先順位をつけましょう。「このエリアは譲れない」「月額費用はこのぐらいだけど、少しオーバーしても構わない」といった具合です。 おそらく、希望として多くの人が考えるのは「ロケーション」「費用」「介護サービス」「医療やリハビリサービス」などでしょう。入居者と家族でじっくりと相談したうえで、優先順位を考えます。「夫婦やペットで入居できる施設」「自然があふれる場所」など、それぞれ優先したい希望はあると思いますので、まとめてから施設探しを始めましょう。


各有料老人ホームの特徴
有料老人ホームを選ぶ際は、それぞれの特徴を把握する必要があります。有料老人ホームは、主に「介護付き有料老人ホーム」と「住宅型有料老人ホーム」に分けられます。 そのほかにも「サービス付き高齢者向け住宅」や「ケアハウス」「グループホーム」など候補は数多くありますが、ここでは有料老人ホームに限定してその特徴をご紹介します。


・介護付き有料老人ホーム
介護付き有料老人ホームは、身の回りの世話などの生活支援サービスと、施設自体が提供する介護サービスを利用できる有料老人ホームです。介護保険法にて指定されている施設なので、要介護度の重い方でも安心して利用することができます。
1 / 1212345...10...最後 »