ブログ紹介

3.施設見学をする!
千葉で介護職への転職を考えている方は、求人情報を色々と確認しているかと思いますが、それと同時にぜひ行っていただきたいのが「施設見学」です。面接の際に施設見学をさせてもられるところもありますし、こちらから施設見学を電話で依頼することもできます。 施設見学をする際にチェックしておきたいのが、施設内の雰囲気・入居者様や利用者様の様子・施設で働く職員の様子などです。 施設内に入ったときに日差しがあまり入らず暗い雰囲気の施設は、利用者様や職員もどこか元気がなく暗い印象を受けます。高齢者の方は目が悪い方も多いので、照明が暗いと転倒の恐れがあり危険です。施設内の明るさの他、空調や湿度、トイレや浴室などの状態などもチェックします。 施設見学では入居者様や利用者様、そして施設で働く職員の様子も確認することも大切です。利用者様の服装や身だしなみがきちんとしているか、施設見学の担当者の応対力や職員の言葉遣い、職場の雰囲気などを確認しましょう。


介護業界への転職やキャリアアップに有利になる資格とは?
介護の仕事は、資格がなくてもできるものがあるため、介護未経験者でも就職や転職がしやすくといわれていますが、幅広い業務を担当するためにも早い段階から介護関連の資格取得をおすすめします。 転職までにまだ時間がある方はもちろん、仕事をしながらでも個人の努力次第では資格を取得してキャリアアップを図ることができます。 それでは早速、介護業界への転職やキャリアアップに有利になりやすい資格をいくつか紹介します。


・介護職員初任者研修
初めに取得しておきたい資格、それが介護における基礎的な知識やスキルを証明するための「介護職員初任者研修」です。 この資格を持っていると、食事や着替え、入浴介助など、利用者様の身体に触れる身体介護の業務にあたることができます。介護経験や学歴といった受験資格の条件がないので、仕事をしながらでも通信講座などを利用して勉強を進めることができます。


・介護福祉士実務者研修
「介護福祉士実務者研修」は、介護の基本的な知識や技術をさらに磨くことを目的とした資格です。この資格を取得すると、たん吸引や経管栄養といった簡単な医療的ケアを実施できるようになります。 次に紹介する介護福祉士の資格を取得するには、実務3年以上、かつ介護福祉士実務者研修の資格が必要になるため、介護職でキャリアアップを目指したい方は必須の資格といえます。


・介護福祉士
ケアワーカーとも呼ばれる「介護福祉士」は、国家資格です。介護福祉士の養成施設や学校を卒業している、または実務経験3年以上+介護福祉士実務者研修を終了していることが受験資格の条件となります。 介護福祉士の資格を取得することで資格手当や給料などでも優遇されることが多いため、キャリアアップを図る上で取得しておきたい資格です。