ブログ紹介

有料老人ホームで一般的に受けられるサービス
有料老人ホームで一般的に受けられるサービスについてご紹介します。施設によっては提供されないサービスもありますので、これについても併せてご紹介していきます。 有料老人ホームでは、基本的に食事や洗濯、掃除といった生活支援が行われています。また、介護、医療行為、入居者に合わせた食事の提供、リハビリ、健康診断や健康管理のサービスを施設により選ぶことが可能です。 介護付きの有料老人ホームでは、介護がサービスの中に含まれているので、それぞれの入居者に合わせてサービスが提供されています。入浴の回数も定められていることが普通ですが、施設によっては好きな時間に入浴できる場合もあります。 どのタイプの老人ホームでも、何らかのイベントやレクリエーションが行われています。特に健康型や住宅型の場合は、これらがとても充実しています。


介護サービス
介護サービスは、介護付き有料老人ホームでは、かならず行われているサービスです。要介護認定、もしくは要支援認定されている方に対して提供されています。主なものは食事、入浴、排泄の介助、洗濯や清掃などです。排泄の介助については、人それぞれ、ある程度サイクルがあるので、それに合わせて行われるのが一般的ですが、施設により配置できるスタッフの数が異なるため、その回数は異なります。洗濯や清掃の頻度についても同様です。


リハビリ
リハビリは、有料老人ホームにおいては介護付き、もしくは住宅型で受けることが可能なサービスです。ただ、すでにご紹介しているとおり、住宅型有料老人ホームでは、介護サービスを利用する場合、外部に依頼することになるので注意が必要です。 介護付き有料老人ホームでは、それぞれの施設にリハビリプログラムが用意されています。介護付き有料老人ホームにはリハビリを担当する理学療法士などのスタッフが常駐しているので、彼らが中心になってリハビリの指導を行います。施設によっては介護士や看護師がリハビリを担当する場合もあります。


医療
有料老人ホームは、基本的に医療が提供される場所ではありませんが、高齢者で介護が必要な方が生活をする施設なので、医療機関と提携している施設は数多くあります。中には診療所が併設されている施設もありますが、通常は日々の診療や健康診断と、緊急時への備えとしての提携関係だと思っておくといいでしょう。 介護付き有料老人ホームでは、少なくとも昼間は看護師が常駐しているため、インシュリン注射、胃ろうなどは看護師が対応してくれます。看護師が常駐している施設であれば、夜間のたん吸引にも対応可能な場合があるので、必要な場合は問い合わせてみましょう。


食事
入居者の中には高血圧や糖尿病などの持病がある方もいるので、すべて好きな食事をとれるわけではありませんが、それでも食事は楽しみのひとつです。 有料老人ホームでは、入居者それぞれに対応した、バランスのとれた食事が出されています。塩分やカロリーの制限だけではなく、入居者によっては噛むことや飲み込むことの難しい方もいらっしゃるので、そういった点も考慮したうえで作られています。 入居者の好き嫌いに対応してメニューを調整してくれたり、何種類かのメニューの中から選べたりする施設も中にはあるようです。